華やかに見える芸能プロダクションの仕事

一見華やかで良い事ばかりのように見える芸能プロダクションの仕事ですが、実際はいろいろな業務内容があり、とても大変で体力勝負のようなところもあるようです。

まず、浮かぶのがタレントに付くマネージャーの仕事。
その他にも、スケジュール管理の仕事。
テレビ局やラジオ局、レコード会社に出版社と営業に回る営業職。
出演料の交渉やトラブルが起こった際にも対応するのが芸能プロダクションの仕事内容になっています。

また、育成所の管理やスカウトなどを行う事もあります。

一人のタレントや歌手などを売り込むためにそのようなたくさんの人が陰で支える事によって、その芸能人が安心して仕事を行う事ができるというわけです。
なので、体力勝負な上に経験と業界での信頼のあつさ、経験などが重要になってきます。
経験を積むことで、色々な人との人脈も増え、大きな仕事の成功につながるというわけです。

就業時間においても、サラリーマンでありながら、一般の企業のような就業時間で働くことは難しいです。
マネージャーなどは、芸能人について回る事も多く、そのため、日曜祝日など関係ない就業時間になります。
その他の仕事においても同じような体制で働く事が多いようです。

コメントを残す